HOME > 大腸カメラ

大腸カメラ

大腸カメラ

大腸カメラとは

大腸カメラは肛門から内視鏡を挿入し、大腸の中を直接診断する検査です。
以下に当てはまる方は、一度検査を受けられることをお勧めします。
  • 便に血が混じっている
  • 下痢と便秘を繰り返す
  • 腸に痛みがある
  • 30歳以上の男女で大腸カメラを受けたことがない
  • 数年間、大腸カメラを受けていない

治療を要する主な疾患

大腸の症状を引き起こす主な原因は、
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 大腸がん
です。

大腸がんは「がんによる死亡原因」で、女性1位・男性3位になっており、今後も増加していくと考えられています。

ただし、発見が早ければほぼ完治させることが可能ですので、少しでも不安がある方は早めの検査を受けるようにしましょう。
特に、血便がある場合は痔であると思い込んでしまう方が多いのですが、大腸がんの可能性も疑った方が良いでしょう。

なお、大腸は長いため、どうしても1回の検査では病気を発見できないことがあり、2年連続で検査を受けるのが望ましいと言われています。(2年連続で問題がなければ、その次の検査は5年くらい先で大丈夫です)

大腸カメラ検査実施の流れ

大腸カメラ検査実施の流れ

まずは電話でのご予約をお願いします。
(他院からご紹介頂く場合も、できるだけお電話頂き、その場で予約日時を決めてしまうようにしています)

大腸の検査の場合は食事制限や前日に下剤を飲んでいただいた方が検査当日の下剤の量を少なくすることにつながります。
検査のご予約をお勧めいたします。

食事をしてしまった場合などで難しい場合にも翌日にはできるだけ検査を行うようにしています。
(検査実施のために気を付けて頂きたいことについては、予約時にお電話で説明させて頂きます)

検査の進め方
  • 検査前日から当日の朝にかけて、下剤や腸の働きを良くする薬を飲んで頂きます。
  • 朝、来院していただき下剤を飲んでいただき腸内を空にします。便の色が無色透明近くになったら検査可能です。
  • 内視鏡を挿入していき、大腸の中を調べます。ご希望により眠り薬を使うこともできます。
  • 検査が終了しましたら、検査結果を説明させて頂きます。
現在当院ではポリープの切除は行っていません。
夜間や休日等の対応が困難であるため、切除が必要な場合には入院設備の整った施設へ紹介いたします。
眠り薬を使う場合は車等の運転ができませんのでタクシー等でご来院ください。
アクセス


〒904-0101
沖縄県中頭郡北谷町
上勢頭556-3
【診療時間】
9:00~12:00
14:00~18:00
【休診日】
水曜午後、土曜午後
日曜、祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら