ブログ

2016年6月29日 水曜日

当院での大腸内視鏡検査

まちだクリニックの町田宏です。

大腸の検査といえば内視鏡検査と注腸造影検査(おしりからバリウムを入れてレントゲンを撮る検査)が主な検査で、最近ではCTを使った大腸CT検査もあります。

大腸には常に便があるので、なにも処置をしないまま検査を行っても便などのために小さな病気を見落としてしまう可能性があるので、下剤を飲んで大腸の中を洗い流す必要が有ります。

下剤を飲んでもらっていても沖縄そばや椎茸など消化に悪い食事を食べていると、大腸の中に残っていて検査の支障になることがあります。
大腸内残渣
この他、果物の種やゴマ(ふりかけ)などは検査の支障になることがあるので注意が必要です。
検査2~3日前から食事は肉・魚中心の食事にしていただく様にお願いしています。
(検査前日の食事内容に不安のある方には検査用の食事を窓口で販売しています。)

当院で行っている大腸内視鏡検査の全処置は
検査前日、寝る前に「ヨーピス」という下剤10mlをコップ1杯(200ml程度)の水と一緒に飲んでいただきます。(多くの方が検査当日の朝、下痢します)

検査当日、9時頃来院していただきモビプレップという下剤と水を交互に飲んでいただきます。
モビプレップを1〜1.5リットル、水をその半分量500~700ml位飲んでいただくと多くの方が検査可能な状態になります。
現在当院で採用しているモビプレップという下剤は過去によく使われていたニフレック等という下剤と比較すると少なめで検査が可能な状態になります。

当院の場合は大腸の検査でも前処置が終了したら検査を開始しますので、前処置が早く終了した方は早ければ午前中で検査が終了になります。
前処置に時間がかかる方は午後までかかることもあります。
また、鎮静剤を使用された方は検査後に1時間程休んでいただきます。
そのため、大腸検査は午後まで診療している月、火、木、金に行っています。
どうしても水曜日や土曜日にしか時間が取れないという方はご来院の上で相談させてください。

胃の検査と大腸の検査を同日に行う場合には
下剤を飲み終わり前処置終了
  ↓
胃の検査
  ↓
大腸の検査

という流れになります。
検査台に登っていただくのは一度だけです。

不安・緊張の強い方には鎮静剤を注射して検査を行いますが胃の検査も大腸の検査も点滴はしません。

検査終了後、引き続いて検査結果説明を行います。
(鎮静剤の注射をした場合には1時間程度休んでいただいてから説明します。)

ポリープなどがあり病理検査をした場合には1週間後に病理検査結果を聞きに来ていただきます。
大腸のポリープなどが見つかった場合には
1〜2mmの小さなポリープは組織検査の際にほぼ無くなってしまいます。
5~6mmまでのポリープは数や形などを確認した上でご本人と相談して切除することも可能です。
それ以上の大きさのポリープに関してはポリープ切除した後に出血や腹痛が出た場合、夜間や休日の対応ができないので他院を紹介させていただいています。

胃や大腸に不安をお持ちの方はお気軽にご相談ください。
検査時に鎮静剤の使用を希望される方は検査当日ご自分でお車等の運転を行わないようにお願いしています。鎮静剤使用をご希望の方はご家族やタクシーでのご来院をお願いします。

火傷や怪我などの傷に対しては湿潤療法を行っています。
怪我をしたが処置の仕方がよくわからないという方もご相談ください。

投稿者 まちだクリニック | 記事URL

2016年6月22日 水曜日

6月23日は休診します

まちだクリニックの町田宏です。

明日6月23日(木)は慰霊祭参加のため休診とさせていただきます。

投稿者 まちだクリニック | 記事URL

2016年6月20日 月曜日

呑気症?

まちだクリニックの町田宏です。

休診のお知らせ
6月23日(木)は慰霊の日のためお休みさせていただきます。


ネットで見つけたニュースから

ゲップ・おならで悩んだら 呑気症、歯科での治療も
http://style.nikkei.com/article/DGXKZO03464080Q6A610C1TZQ001?channel=DF130120166089

2016/6/12付 日本経済新聞 朝刊

 無意識に空気をのみ込みすぎておなかの張りやおなら、ゲップが頻繁に出る症状が呑気(どんき)症だ。空気嚥下(えんげ)症ともいう。緊張や不安から首や肩に力が入ったり歯を食いしばったりすると、唾とともに空気をのみやすい。専門家は「病気の仕組みを理解して、歯科治療を含めた処置を考える必要がある」と説明する。

〜中略〜

 「固唾をのむ」という言葉があるように、不安や緊張で唾を飲む経験をした人は多いだろう。口の中が狭くなって舌が上顎に当たると、唾液が喉の奥に流れ込んで無意識に飲み込んでしまう。このとき、1回ごとに喉の奥の空気を3~5cc取り込んでしまう。頻繁に唾を飲むとおなかの中に空気がたまり、呑気症を引き起こす。
 空気が原因なので、胃や腸を検査しても異常は見つからない。内科でガスを減らす薬や整腸剤などを処方されても効き目がほとんどない。

 歯を食いしばったりかみしめたりして呑気症になる人が多い。胃腸の不快感のほか、顎関節や目の奥の痛み、頭痛、目まいを伴うときもある。

 かみしめる行為が目立つ場合を「かみしめ・呑気症候群」と呼ぶ。症状の改善には、空気をのみ込む癖を直すのが先決だ。


〜以下略〜(ぜひリンク先の全文を読んでみてください)

内視鏡検査を中心としている当院にもゲップやおなら、腹部膨満感でお困りの方が相談に来られる事があります。
胃の検査・大腸の検査をしても特に異常のない方には「呑気症」の可能性をお話しさせていただいています。糖質制限食に変更していただいて胃腸の調子が改善される方も多いですが、食事の変更が困難なかたもいらっしゃいます。腸の動きをよくするお薬を飲んでいただいたりガスを減らすお薬を飲んでいただいたりすることもありますが、なかなかすっきりしない方も多いです。
心療内科受診で改善されることもあるのですが、歯科で対応してくれるところもあるんですね。
ゲップやおならで困っているが内視鏡検査で異常のない方には歯科受診をお勧めしてみようかと思います。

まちだクリニックは火傷や擦り傷などの外傷の治療の他、胃カメラ、大腸カメラ検査を行っています。
胃カメラは鼻から行うこともできます。
胃カメラ大腸カメラともに鎮静剤を使用することもできます。
(鎮静剤をご希望される方は当日車の運転を行わないようにしてください)

胃・大腸検査をご希望の方はお気軽にご相談ください。
ピロリ菌の検査・治療もご相談ください。

投稿者 まちだクリニック | 記事URL

2016年6月16日 木曜日

梅雨明け

まちだクリニックの町田宏です。

休診のお知らせ
6月23日(木)は慰霊の日のためお休みさせていただきます。

梅雨が明けたようですね。
ここ数日続いた土砂降り、雷が嘘のように晴れ渡っています。

木々の緑も街中も綺麗に洗われたようですね。

蝉の抜け殻もちらほらみられ、これから蝉の大合唱が始まるようです。

暑い時は食欲が低下する事があります。
冷たいもの、さっぱりしたものが食べたくなり、飲みたくなるものです。
さっぱりした食べ物といえばそうめんや冷やし中華など、麺類中心の食事が多くなるかもしれません。
つるんとのみこめる麺類は食欲がわかなくてもとりあえず食を満たす事ができますが
のどごしを味わえるがためによく噛まずに飲み込んでしまう事が多いです。
よく噛まずに飲み込む事はそれだけ「胃」に負担をかける事になります。
歯の生えていない赤ちゃんに食事をあげるときにはすりつぶしたり、細かく刻んだりしてあげますよね。
赤ちゃんに食事をあげるときにはそうめんだってうどんだって細かくちぎって食べさせますよね。
大人は自分の歯があるのですからしっかりと噛んで食べるように心がけたいものです。
十分に噛まずに飲み込んでしまうがために胃は本来の働きではない「歯」の働きまでさせられているのです。
具をみても野菜が中心でたんぱく質や脂質はかなり少なくなっているでしょう。
胃は胃酸とペプシノーゲンを分泌してたんぱく質を消化する事が主な働きなので、胃は食物繊維を消化する事ができません。
消化が得意なたんぱく質はほとんどなく、胃が苦手とする炭水化物が多量に胃の中に入ってきます。
毎日毎食、苦手な炭水化物をよく噛まずに食べる事が積もり積もって胃の不調の原因になっているのではないかと思います。
夏場に胃の不調を感じる方はおおいです。
夏場こそ、炭水化物を減らしてしっかりと噛んで食べるように心がけてください。


まちだクリニックは火傷や擦り傷などの外傷の治療の他、胃カメラ、大腸カメラ検査を行っています。
胃カメラは鼻から行うこともできます。
胃カメラ大腸カメラともに鎮静剤を使用することもできます。
(鎮静剤をご希望される方は当日車の運転を行わないようにしてください)

胃・大腸検査をご希望の方はお気軽にご相談ください。
ピロリ菌の検査・治療もご相談ください。

投稿者 まちだクリニック | 記事URL

2016年6月14日 火曜日

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

まちだクリニックの町田宏です。

休診のお知らせ
6月23日(木)は慰霊の日のためお休みさせていただきます。

当院は胃カメラ、大腸カメラ検査を主に行っているクリニックです。
胃の痛みが続いていて他の病院へ行ったが検査が混んでいるため当院へ紹介していただく患者さんもいらっしゃいます。
できるだけ早めに胃カメラなどの検査を行っているためか胃潰瘍や十二指腸潰瘍を発見することもあります。
胃がんが隠れていないかどうかの組織検査(生検)、ピロリ菌の検査なども合わせて行います。
胃薬の種類によってはピロリ菌がいても薬の影響で「ピロリ菌陰性」という結果が出てしまうことがあるので症状があるときには薬で様子を見てから検査を行うよりも
できるだけ早く検査を行い、異常がないかどうかを確認しておくことが大切だと思います。

来院から早い日数で胃カメラ検査を行っていると胃潰瘍や十二指腸潰瘍なども「治療を始める段階、もしくは未治療」に近い状態を確認できます。
内視鏡検査報告書のコピーをお渡しし、ご家族の方にも見て頂いたり、主治医の先生に情報提供できると考えています。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍は繰り返すと変形や狭窄を起こす事があります。
十二指腸は胃より狭い所なので潰瘍を繰り返すと変形狭窄をきたしやすくなります。
一度狭くなってしまうと元の大きさには戻りにくくなりますので食事の仕方などに注意が必要です。
(あまり狭くなってしまったら内視鏡的に広げるような処置や手術的に広げたり、新たに通り道を作るバイパス手術などが必要になることもあります。)

胃の調子が悪い方、バリウム検査で異常を指摘された方、黒い便や便に血が混じる方、便秘と下痢を繰り返す方、便潜血陽性を指摘された方で精密検査を受けたことがない(しばらく検査を受けていない)方はお気軽にご相談ください。
車を運転されない方には鎮静剤を使用しての検査も可能です。
口からの胃カメラでは吐き気が強くて大変だという方には鼻からの胃カメラを行っています。
(夜間・休日の対応が困難なためポリープ切除等の処置は行っていません。検査の結果処置が必要と判断した場合には必要な設備の整った施設へ紹介いたします。)

投稿者 まちだクリニック | 記事URL

アクセス


〒904-0101
沖縄県中頭郡北谷町
上勢頭556-3
【診療時間】
9:00~12:00
14:00~18:00
【休診日】
水曜午後、土曜午後
日曜、祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら