ブログ

2016年2月29日 月曜日

あさとこどもクリニックのHPができました

まちだクリニックの町田宏です。


当院は「まちだ小児科」として長らく小児科専門クリニックとしていましたが、
平成26年6月から外科出身の私が「まちだクリニック」として内視鏡検査と切り傷や火傷などを見させていただいています。
小児科は予防接種のみの対応とさせていただいていますが
「小児科診療をしているところを教えて欲しい」との問い合わせがあります。

昨年11月、泡瀬団地近くに友人があさとこどもクリニックを開院しています。
先日、あさとこどもクリニックのHPができましたのでご紹介しておきます。
http://www.asato-kodomo.com
あさとこどもクリニックはwebで予約もできます。


あさとこどもクリニック
の安里義秀先生は琉球大学を卒業後、琉球大学のNICU(新生児)などで長らく診療に当たり
ハートライフ病院勤務を経て開業されました。

私は安里院長と中学・高校の同級生で、6年間寮生活を過ごしましたが
真面目でとてもいい先生です。

小児科の先生を探している方は安里先生に相談してみてください。

まちだクリニックは胃カメラ、大腸カメラ検査専門で行っています。
胃カメラは鼻から行うこともできます。
胃カメラ大腸カメラともに鎮静剤を使用することもできます。
(鎮静剤をご希望される方は当日車の運転を行わないようにしてください)

内視鏡関係以外はやけどなどの傷の処置を行っています。
(当院はwebで予約はできませんのでお電話下さい。急がない方はメールでのお問い合わせください。)

投稿者 まちだクリニック | 記事URL

2016年2月27日 土曜日

火のついた油による両足火傷

まちだクリニックの町田宏です。

従来のやけどの治療は消毒をして軟膏を塗り、ガーゼを当てるという治療が行われていました。
2000年頃からは湿潤療法という治療方法が提唱されています。
これは「消毒しない」「乾かさない」という従来とは全く違う概念の治療方法です。
従来の治療と比較して痛みが少なく、きれいに治ります。

昨年、足を火傷された方の経過です。
火のついた天ぷら油を消火する際にこぼしてしまい床で炎が広がり火傷してしまいました。
救急病院へ搬送され17日間入院。
看護師が湿潤療法を知っていて穴あきポリ袋とワセリンを使って処置されていたそうです。

入院中にスマホで「湿潤療法」を検索し、当院がヒットしたとのことで退院後から当院へ通院開始。
初診時は歩行できず車椅子で来院されました。
歩行できないことから頻回の通院は困難でしたので、湿潤療法に関しての説明を行い
ワセリンとズイコウパッドを用いて自宅で処置をしていただきました。

写真は当院初診(受傷から19日目)、5週後、9ヶ月後です。
4月は週2回程度の通院、5月6月は週1回の通院となりました。
2枚目の写真の後には仕事で東京や福岡などへも出張されています。
外回りの仕事で夜になると足背のジンジン、ピリピリした感覚がでるため
ワセリン塗布のみ継続されていました。
6月からだんだんと皮膚の色が薄くなっていき10月には写真のようにまで改善しました。



従来の軟膏・ガーゼを用いた治療方法よりは湿潤療法の方が数段勝っていると思います。

当院はやけどの治療を湿潤療法で行っています。
湿潤療法について詳しく知りたい方は「新しい創傷治療」で検索してみてください。

まちだクリニックは火傷や擦り傷などの外傷の治療の他、胃カメラ、大腸カメラ検査を行っています。
胃カメラは鼻から行うこともできます。
胃カメラ大腸カメラともに鎮静剤を使用することもできます。
(鎮静剤をご希望される方は当日車の運転を行わないようにしてください)

胃・大腸検査をご希望の方はお気軽にご相談ください。
ピロリ菌の検査・治療もご相談ください。
(写真は患者さんの許可をいただいています)

投稿者 まちだクリニック | 記事URL

2016年2月26日 金曜日

当院の方針

まちだクリニックの町田宏です。

当院は胃カメラ、大腸カメラ検査を主に行っているクリニックです。
胃の痛みが続いていて他の病院へ行ったが検査が混んでいるため当院へ紹介していただく患者さんもいらっしゃいます。
できるだけ早めに胃カメラなどの検査を行っているためか胃潰瘍や十二指腸潰瘍を発見することもあります。
胃がんが隠れていないかどうかの組織検査(生検)、ピロリ菌の検査なども合わせて行います。
胃薬の種類によってはピロリ菌がいても薬の影響で「ピロリ菌陰性」という結果が出てしまうことがあるので症状があるときには薬で様子を見てから検査を行うよりも
できるだけ早く検査を行い、異常がないかどうかを確認しておくことが大切だと思います。

来院から早い日数で胃カメラ検査を行っていると胃潰瘍や十二指腸潰瘍なども「治療を始める段階、もしくは未治療」に近い状態を確認できます。
内視鏡検査報告書のコピーをお渡しし、ご家族の方にも見て頂いたり、主治医の先生に情報提供できると考えています。

胃の調子が悪い方、バリウム検査で異常を指摘された方、便に血が混じる方、便秘と下痢を繰り返す方、便潜血陽性を指摘された方で精密検査を受けたことがない(しばらく検査を受けていない)方はお気軽にご相談ください。

水曜日と土曜日は午前中のみの診療体制のため、3〜4人程しかできません。
特に土曜日の検査をご希望の方はできるだけ電話でご予約ください。

車を運転されない方には鎮静剤を使用しての検査も可能です。
口からの胃カメラでは吐き気が強くて大変だという方には鼻からの胃カメラを行っています。
(夜間・休日の対応が困難なため大腸のポリープ切除は小さなポリープのみ切除しています。検査の結果処置が必要と判断した場合には必要な設備の整った施設へ紹介いたします。)

投稿者 まちだクリニック | 記事URL

2016年2月25日 木曜日

尿素呼気テスト

まちだクリニックの町田宏です。

テレビや雑誌などの健康コーナーで何かと話題になるヘリコバクター・ピロリ菌の検査方法ですが
当院では内視鏡検査時に行う迅速ウレアーゼ法と
内視鏡検査を必要としない尿素呼気テストを行っています。

保険診療でヘリコバクター・ピロリ菌に感染しているかどうかを検査するためには
半年以内に胃内視鏡検査が行われている必要がありますので、胃内視鏡検査でヘリコバクター・ピロリ菌の感染が疑われた場合に迅速ウレアーゼテストを行います。

ヘリコバクター・ピロリ菌の治療を行った後の除菌判定や
人間ドックなどで胃内視鏡を行い、胃炎や潰瘍などの診断を受けたがピロリ菌の検査をしなかった方は
尿素呼気テストを行っています。

胃内視鏡検査をしないでピロリ菌の検査だけをしたい方は保険適応がないため自費診療となります。

尿素呼気テストの手順は
薬を飲む前に検査専用袋に息を吹き込みます。
検査薬を水で飲みます。
5分間、左側臥位とします。
15分間、座位を保ってもらいます。
検査薬内服後20分の息を検査専用袋に吹き込みます。
以上です。

尿素呼気テストの費用は3割負担の方で窓口支払い額が約2000円前後になります。

除菌治療を受けたが除菌判定していない方も検査可能ですのでご相談ください。


まちだクリニックは胃カメラ、大腸カメラ検査専門で行っています。
胃カメラは鼻から行うこともできます。
胃カメラ大腸カメラともに鎮静剤を使用することもできます。
(鎮静剤をご希望される方は当日車の運転を行わないようにしてください)

胃・大腸検査をご希望の方はお気軽にご相談ください。

投稿者 まちだクリニック | 記事URL

2016年2月24日 水曜日

大腸がん死亡率 沖縄県内悪化

まちだクリニックの町田宏です。

2月20日 沖縄タイムスでこのような記事がありました。

大腸がん死亡率 沖縄県内悪化 2014年女性全国ワースト
 沖縄県内の大腸がん死亡率が2014年に全国ワースト2位となり、女性はワーストであることが19日、分かった。琉球大学医学部で同日開かれた県がん診療連携協議会で、東京大学公共政策大学院の埴岡(はにおか)健一特任教授が、国立がんセンターなどのデータをもとに集計した指標を報告した。

» 大腸がんの死亡率高い沖縄、受診率の低さが影響

 10万人当たりの死亡者数に人口構成などを反映させた都道府県別データで、06年は12・8でワースト4位だったが、14年は14・2。8年間で11・8%悪化した。改善したかどうかの指標でもワースト6位と、悪化が急速に進む深刻さを示している。

 05年からの10年間で全てのがん死亡率を20%減らすという県計画の目標値に逆行する大腸がんの実態が浮き彫りになった。埴岡さんは「原因は罹患(りかん)率が高いのか、早期発見率が低いのか、治療成績が悪いのかは不明だが、死亡率が悪化しているのは事実だ。大腸がん対策に早期に取り組む必要がある」と警鐘を鳴らす。

 協議会議長の藤田次郎琉大病院長は「衝撃的なデータだ。乳がんの多さと併せ欧米型と似ている。沖縄の社会的な背景と関連して、複雑な要因が絡まっているのではないか」と述べ、対策の必要性を語った。


 宮古の患者会「ゆうかぎの会」の真栄里隆代会長は「死亡率や改善率が悪い問題の原因がどこにあるかを突き詰めたプロジェクトが必要で、患者会も協力したい」と提案した。

 埴岡さんは県内の医療圏域別の大腸がん死亡率も報告。全国344ある医療圏のうち中部はワースト21位、八重山は同41位、南部は同51位だった。08~12年の大腸がんによる死亡者は、全国標準値と比べて、中部が83人超の424人、南部は68人超の576人に上ることも明らかにした。


早期発見が早期治療につながります。
便潜血が陽性で、一度も大腸検査を受けたことがない方は是非大腸検査を受けてください。

まちだクリニックは胃カメラ、大腸カメラ検査専門で行っています。
胃の検査は症状によっては当日の検査も可能です。
(当日の検査をご希望される場合には電話でご連絡ください。)

胃カメラは鼻から行うこともできます。
胃カメラ大腸カメラともに鎮静剤を使用することもできます。
(鎮静剤をご希望される方は当日車の運転を行わないようにしてください)

胃・大腸検査をご希望の方はお気軽にご相談ください。

投稿者 まちだクリニック | 記事URL

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アクセス


〒904-0101
沖縄県中頭郡北谷町
上勢頭556-3
【診療時間】
9:00~12:00
14:00~18:00
【休診日】
水曜午後、土曜午後
日曜、祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら