ブログ

2016年1月30日 土曜日

消化の良い食事はMEC食

まちだクリニックの町田宏です。

消化のいい食事というと「うどんやおかゆ」と答える方が多いと思いますが、
本当にうどんやおかゆが消化のいい食事でしょうか?

胃カメラ検査をする際には前日夕食を20~21時くらいまでにすませてもらい、その後は検査まで食事をしないようにしていただき検査に臨むことが多いと思います。
しかしそれでも実際にカメラを入れてみたところ胃の中に食べ物が残っている事があります。
人参、ゴーヤー、椎茸などの野菜の他にご飯粒や麺類も見られる事があります。



この写真は胃カメラ検査でゴーヤーがはっきりと確認された時のものです。
このゴーヤーは胃の中で胃液に12時間以上浸していても消化されていなかったのです。

胃カメラ検査で肉を確認できることはほとんどありません。

胃の出口はやや狭くなっています。
食べたものがある程度小さくなるまで胃の中にとどめておくためなのでしょう。

胃の中にいつまでも食べ物が入っていると、胃は働き続けなければなりません。
よく噛んで食べることが胃の負担を減らすことになると思います。

胃液や膵液など消化液で溶けないものはよく噛んで食べなければそのままの形で大腸まで送られます。


大腸内視鏡検査の際に麺と椎茸だとわかりました。
大腸検査の前日に「消化が良いと思って沖縄そばを食べた」とのことでした。

消化が良いと思われているおかゆや麺類は食べやすいためにほとんど咀嚼しないのでしょう。
食物繊維は人間にとって消化できませんが、炭水化物とは糖質と食物繊維の両方を含みますので炭水化物である麺類、穀物は消化がよくない食べ物だと思います。
おかゆや麺類を食べる時にはいつもの食事よりもさらによく噛んで食べるようにしたほうがいいでしょう。

胃腸の負担を減らすという点でも糖質制限(MEC食)は理にかなっていて
消化が悪いと思われていた油・肉(や魚)のほうが炭水化物よりもずっと消化が良いと思います。
(MEC食:肉、卵、チーズ)


まちだクリニックは胃カメラ、大腸カメラ検査専門で行っています。
胃の検査は症状によっては当日の検査も可能です。
(当日の検査をご希望される場合には電話でご連絡ください。)

胃カメラは鼻から行うこともできます。
胃カメラ大腸カメラともに鎮静剤を使用することもできます。
(鎮静剤をご希望される方は当日車の運転を行わないようにしてください)

胃・大腸検査をご希望の方はお気軽にご相談ください。

投稿者 まちだクリニック | 記事URL

2016年1月29日 金曜日

当院での大腸内視鏡検査

まちだクリニックの町田宏です。

大腸の検査といえば内視鏡検査と注腸造影検査(おしりからバリウムを入れてレントゲンを撮る検査)が主な検査で、最近ではCTを使った大腸CT検査もあります。

大腸には常に便があるので、なにも処置をしないまま検査を行っても便などのために小さな病気を見落としてしまう可能性があるので、下剤を飲んで大腸の中を洗い流す必要が有ります。

下剤を飲んでもらっていても沖縄そばや椎茸など消化に悪い食事を食べていると、大腸の中に残っていて検査の支障になることがあります。
大腸内残渣
この他、果物の種やゴマ(ふりかけ)などは検査の支障になることがあるので注意が必要です。
検査2~3日前から食事は肉・魚中心の食事にしていただく様にお願いしています。
(検査前日の食事内容に不安のある方には検査用の食事を窓口で販売しています。)

当院で行っている大腸内視鏡検査の全処置は
検査前日、寝る前に「ヨーピス」という下剤10mlをコップ1杯(200ml程度)の水と一緒に飲んでいただきます。(多くの方が検査当日の朝、下痢します)

検査当日、9時頃来院していただきモビプレップという下剤と水を交互に飲んでいただきます。
モビプレップを1〜1.5リットル、水をその半分量500~700ml位飲んでいただくと多くの方が検査可能な状態になります。
現在当院で採用しているモビプレップという下剤は過去によく使われていたニフレック等という下剤と比較すると少なめで検査が可能な状態になります。

当院の場合は大腸の検査でも前処置が終了したら検査を開始しますので、前処置が早く終了した方は早ければ午前中で検査が終了になります。
前処置に時間がかかる方は午後までかかることもあります。
また、鎮静剤を使用された方は検査後に1時間程休んでいただきます。
そのため、大腸検査は午後まで診療している月、火、木、金に行っています。
どうしても水曜日や土曜日にしか時間が取れないという方はご来院の上で相談させてください。

胃の検査と大腸の検査を同日に行う場合には
下剤を飲み終わり前処置終了
  ↓
胃の検査
  ↓
大腸の検査

という流れになります。
検査台に登っていただくのは一度だけです。

不安・緊張の強い方には鎮静剤を注射して検査を行いますが胃の検査も大腸の検査も点滴はしません。

検査終了後、引き続いて検査結果説明を行います。
(鎮静剤の注射をした場合には1時間程度休んでいただいてから説明します。)

ポリープなどがあり病理検査をした場合には1週間後に病理検査結果を聞きに来ていただきます。
大腸のポリープなどが見つかった場合には
1〜2mmの小さなポリープは組織検査の際にほぼ無くなってしまいます。
それ以上の大きさのポリープに関してはポリープ切除した後に出血や腹痛が出た場合、夜間や休日の対応ができないので他院を紹介させていただいています。

胃や大腸に不安をお持ちの方はお気軽にご相談ください。
検査時に鎮静剤の使用を希望される方は検査当日ご自分でお車等の運転を行わないようにお願いしています。鎮静剤使用をご希望の方はご家族やタクシーでのご来院をお願いします。

火傷や怪我などの傷に対しては湿潤療法を行っています。
怪我をしたが処置の仕方がよくわからないという方もご相談ください。

投稿者 まちだクリニック | 記事URL

2016年1月28日 木曜日

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

まちだクリニックの町田宏です。

当院は胃カメラ、大腸カメラ検査を主に行っているクリニックです。
胃の痛みが続いていて他の病院へ行ったが検査が混んでいるため当院へ紹介していただく患者さんもいらっしゃいます。
できるだけ早めに胃カメラなどの検査を行っているためか胃潰瘍や十二指腸潰瘍を発見することもあります。
胃がんが隠れていないかどうかの組織検査(生検)、ピロリ菌の検査なども合わせて行います。
胃薬の種類によってはピロリ菌がいても薬の影響で「ピロリ菌陰性」という結果が出てしまうことがあるので症状があるときには薬で様子を見てから検査を行うよりも
できるだけ早く検査を行い、異常がないかどうかを確認しておくことが大切だと思います。

来院から早い日数で胃カメラ検査を行っていると胃潰瘍や十二指腸潰瘍なども「治療を始める段階、もしくは未治療」に近い状態を確認できます。
内視鏡検査報告書のコピーをお渡しし、ご家族の方にも見て頂いたり、主治医の先生に情報提供できると考えています。

胃の調子が悪い方、バリウム検査で異常を指摘された方、黒い便や便に血が混じる方、便秘と下痢を繰り返す方、便潜血陽性を指摘された方で精密検査を受けたことがない(しばらく検査を受けていない)方はお気軽にご相談ください。
車を運転されない方には鎮静剤を使用しての検査も可能です。
口からの胃カメラでは吐き気が強くて大変だという方には鼻からの胃カメラを行っています。
(夜間・休日の対応が困難なためポリープ切除等の処置は行っていません。検査の結果処置が必要と判断した場合には必要な設備の整った施設へ紹介いたします。)

投稿者 まちだクリニック | 記事URL

2016年1月27日 水曜日

良い消化のために、しっかりかんで健康に

まちだクリニックの町田宏です。

良い消化のために しっかりかんで健康に

消化の第一歩は「しっかり噛む事」です。
人間は食物繊維を消化できないので食物繊維豊富なものを食べるときには
しっかり噛む事をとくに心がけてください。

しっかり噛まないで食べる事は胃に負担をかける事になります。
胃腸の調子が悪いと感じる事の原因の一つになっているのかもしれません。

「生活習慣病の予防」は「生活習慣の改善から」です。
まずは「しっかり噛む事」から始めましょう。

まちだクリニックは胃カメラ、大腸カメラ検査専門で行っています。
胃カメラは鼻から行うこともできます。
胃カメラ大腸カメラともに鎮静剤を使用することもできます。
(鎮静剤をご希望される方は当日車の運転を行わないようにしてください)

胃・大腸検査をご希望の方はお気軽にご相談ください。
ピロリ菌の検査・治療もご相談ください。

投稿者 まちだクリニック | 記事URL

2016年1月26日 火曜日

炭火焼と泡盛 玄 -GeN-

まちだクリニックの町田宏です。

こくらクリニックの渡辺信幸先生が提唱しているMEC食(糖質制限)
MEC食を実践している方々の親睦を深める「MEC会」の集まりが
昨日、久茂地の炭火焼と泡盛 玄 -GeN-で行われました。

久茂地では古くからある焼肉やさんで
http://www.churaguru.net/shop/index.aspx?shop_id=206610
美味しいお肉を美味しくカットしてくれるいいお店です。
美味しい食事をありがとうございました。

医療界の中ではまだ「まゆつば物」と思われていることがある「MEC食」「糖質制限」ですが
渡辺先生の指導で体重が落ちた、血糖値が下がった、血圧が下がった
などの喜びの声を聞かせていただきました。

ブログでよく書かせていただいたり、診察室でお話しさせていただくのですが
生活習慣病を治すのは「生活習慣」を改めることが第一で薬はその後だと思います。

生活習慣といえば「食事」と「運動」が大きな柱です。
しかし、指導の多くは「カロリーを控えましょう」「油物を減らしましょう」「塩分を減らしましょう」「30分歩きましょう」などで
カロリーを控え、油を減らすことで結果的に「炭水化物」の量が増えてしまう事につながる恐れがあります。

人間の体は多くがタンパク質と脂肪で、糖質(炭水化物)はほとんどありません。
私は人間という生き物は本来肉食だと考えていますので
現代社会において過剰な糖質(炭水化物)が身体の不調をきたす大きな原因になっているのではないかと思います。

もちろん薬を始めながらでもいいですが生活習慣、特に食事の内容を改めることが
健康を取り戻すための王道だと思います。

昨年暮に発売された「肉食やせ」

第二弾も準備中とのことです。
期待しましょう!


まちだクリニックは胃カメラ、大腸カメラ検査専門で行っています。
胃カメラは鼻から行うこともできます。
胃カメラ大腸カメラともに鎮静剤を使用することもできます。
(鎮静剤をご希望される方は当日車の運転を行わないようにしてください)

胃・大腸検査をご希望の方はお気軽にご相談ください。
ピロリ菌の検査・治療もご相談ください。

投稿者 まちだクリニック | 記事URL

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アクセス


〒904-0101
沖縄県中頭郡北谷町
上勢頭556-3
【診療時間】
9:00~12:00
14:00~18:00
【休診日】
水曜午後、土曜午後
日曜、祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら