ブログ

2015年2月28日 土曜日

ALICE12

まちだクリニックの町田です。

マンガの紹介です。
ALICE12 新谷かおる

この作品はボーイング747(貨物)とクルーを中心にした物語です。
そのため表紙に747のコックピット写真をつかってあります。

JALなどは一時期747だらけの時期がありましたが、いまでは747も日本の国内線からは退役してしまいました。現在、政府専用機や日本貨物航空が運用していますが一般人が乗ることはできません。海外のエアラインを利用するしかないでしょう。

747が好きな方な読んでおきたいマンガだと思います。

週末ですね。良い週末をお過ごし下さい。

まちだクリニックは胃カメラ、大腸カメラ検査専門で行っています。
胃カメラは鼻から行うこともできます。
胃カメラ大腸カメラともに鎮静剤を使用することもできます。
(鎮静剤をご希望される方は当日車の運転を行わないようにしてください)

胃・大腸検査をご希望の方はお気軽にご相談ください。

投稿者 まちだクリニック | 記事URL

2015年2月27日 金曜日

主食をやめると健康になる

まちだクリニックの町田です。

主食をやめると健康になる
主食をやめると健康になる 江部康二著

この本を読んで江部康二のファンになってしまいました。
大学病院に勤務していたころは消化器外科で手術をしていましたので
手術前後の栄養管理を点滴で行うことがほとんどでした。

脳外科や心臓外科、呼吸器(肺)外科などは手術が終わって意識が戻れば比較的早くに食事が再開されますが、消化器外科では食べ物の通り道を手術する関係もあり食事が取れない期間が比較的長くなることがあります。(それでも今は大分短くなっていますが)

私が医者になりたての頃などは病気が進み食事がほとんど食べられない状態で来院される方も珍しくありませんでした。
そのような方の多くがガリガリにやせ細り、手術に耐えられる体力がないのではないかと心配でした。
手術前に栄養状態を改善させるために点滴をするのですが、一般的な腕から行う点滴は薄いブドウ糖液が主で十分な量を補充できません。
中心静脈栄養といって鎖骨の下や首から管を差し込み濃いブドウ糖を点滴出来る等にすることが一般的でした。(もちろんブドウ糖だけでなくアミノ酸や脂肪製剤、ビタミンも点滴していました)
それでもブドウ糖を多くを入れると血糖値が上がってしまい血糖値を下げるためにインシュリンの注射が必要になってくることも珍しくありませんでした。
当時の助教授にブドウ糖だけでなく脂肪製剤の点滴を増やすように言われましたが、保険診療の関係で脂肪製剤の点滴は制限がありました。(今はどうかわかりません)

ブドウ糖以外のアミノ酸や脂肪では血糖値に影響を与えないことはわかっていましたが、血糖値に関して「主食を抜けば血糖値の上昇は抑えられる」というところまで気がついていませんでした。
(実際に糖尿病の患者さんを治療することもありませんでしたから)

江部先生のこの本を読み、糖尿病の食事指導は間違っているのではないかと思いました。
また、食事や普段から口にするものを改めて見直すと現在は糖質過剰となっているのではないかと思いました。

日常の食事が糖質過剰でそれによって膵臓が酷使され、その結果として肥満やメタボ、糖尿病になっているのだとすると糖尿病発症する前から過剰な糖質を摂取しないように心がけることが大切ではないかと思います。
そのためにも「主食をやめる」という発想の転換がとても大事だと思います。


まちだクリニックは胃カメラ、大腸カメラ検査専門で行っています。
消化器医の立場からも糖質制限(MEC食)という考え方はとても大事だと思います。

胃・大腸検査をご希望の方はお気軽にご相談ください。
ピロリ菌の検査・治療もご相談ください。


投稿者 まちだクリニック | 記事URL

2015年2月26日 木曜日

尿素呼気テスト

まちだクリニックの町田です。

ヘリコバクター・ピロリ菌の検査方法ですが
当院では内視鏡検査時に行う迅速ウレアーゼ法と
内視鏡検査を必要としない尿素呼気テストを行っています。

保険診療でヘリコバクター・ピロリ菌に感染しているかどうかを検査するためには
半年以内に胃内視鏡検査が行われている必要がありますので、胃内視鏡検査でヘリコバクター・ピロリ菌の感染が疑われた場合に迅速ウレアーゼテストを行います。

ヘリコバクター・ピロリ菌の治療を行った後の除菌判定や
人間ドックなどで胃内視鏡を行い、胃炎や潰瘍などの診断を受けたがピロリ菌の検査をしなかった方は
尿素呼気テストを行っています。

胃内視鏡検査をしないでピロリ菌の検査だけをしたい方は保険適応がないため自費診療となります。

尿素呼気テストの手順は
薬を飲む前に検査専用袋に息を吹き込みます。
検査薬を水で飲みます。
5分間、左側臥位とします。
15分間、座位を保ってもらいます。
検査薬内服後20分の息を検査専用袋に吹き込みます。
以上です。

尿素呼気テストの費用は3割負担の方で窓口支払い額が約3000円前後になります。


まちだクリニックは胃カメラ、大腸カメラ検査専門で行っています。
胃カメラは鼻から行うこともできます。
胃カメラ大腸カメラともに鎮静剤を使用することもできます。
(鎮静剤をご希望される方は当日車の運転を行わないようにしてください)

胃・大腸検査をご希望の方はお気軽にご相談ください。
ピロリ菌の検査・治療もご相談ください。

投稿者 まちだクリニック | 記事URL

2015年2月25日 水曜日

ルールカッター

まちだクリニックの町田です。

長年愛用しているカッターナイフです。
ルールカッター
ルールカッター KFR-A2  販売元はパイロット万年筆です。

購入したのは熊本の下通にあった紀伊國屋書店でした。

普通のカッターナイフと定規を使ってまっすぐ切ろうとしても上手く切れないのですが
このルールカッターを使うと定規に切り込んだりせず、気持ち良いほどまっすぐ切れます。
その秘密は「片刃」プラス金属製のガイドです。

片刃とガイドの組み合わせで定規に傷をつけることなくまっすぐ切ることができるのです。
スクラップしたりするのにとても重宝します。

また昔のカッターナイフは刃のロック機構がないものがほとんどだったと思いますが、これは刃のロック機構が付いているため刃が飛び出したりすることもありません。

ただ、刃が特殊なため他のカッターナイフの刃を使うことができず替え刃の入手が困難でした。

ネットで調べてみたら製造元のコンデ株式会社というところが今は無くなっているようです。

私は幸いにも20年ほど前に(おそらくITOYA)で新品の本体と替え刃を発見した際に買い増ししておいたため大事に使えば一生使えるのではないかと思います。

良い品なのでデッドストックを探している愛用者もいらっしゃるようです。、どこかで製造販売してくれませんかね?

カッターナイフなどで怪我をされた時には出血部位を直接圧迫してください。
止血したら流水で優しく洗い傷を観察しましょう。
自分で処置ができそうならば湿潤療法をお勧めします。
ご自分での処置に自信が無ければ病院を受診してください。

お近くに湿潤療法を行っているところがあるかどうか確認しておくと安心ですね。

投稿者 まちだクリニック | 記事URL

2015年2月24日 火曜日

さらば消毒とガーゼ

まちだクリニックの町田です。


さらば消毒とガーゼ
さらば消毒とガーゼ<うるおい治療>が傷を治す
湿潤療法の提唱者、夏井睦先生の著書です。

この本は約10年ほど前に出された本ですが
初めの1〜4ページに湿潤療法の基本が載っています。
昨年5月に練馬光が丘病院の夏井先生外来へ見学に行きましたが
このコピーを外来患者さんに差し上げていました。

実際に湿潤療法を行うと痛みが少なく、治りも早いのでもっともっと広まって欲しいのですが
「消毒とガーゼ」が癖になっている方が多いのか、病院ではまだまだかもしれません。

当院ではプラスモイスト、ハイドロコロイドを主に使用しています。
薬局等で販売しているところもあるのでご購入された方もいらっしゃるかと思いますが
自宅に常備されている方は少ないでしょう。

私の経験上は小さな傷であればセロハンテープ+絆創膏でも十分いけると思います。
事務作業をしているときに紙で指を切ったりすることってありますよね。
この傷が結構痛いのですが、絆創膏を探す前にセロハンテープを傷に貼り上から押さえると驚くほど早く痛みが治まります。
5分も押さえると出血はほぼ止まっていると思います。
ティッシュペーパーでぐるぐる巻きにしたり、輪ゴムで指を縛ったりはしないでください。

その後の治療はご自分の手に負えるかどうか判断していただき、ご自分の手に負えない・不安があるなら病院を受診されてください。

お近くに湿潤療法をしているところがあるかどうか、確認しておくと慌てないで済みそうですね。

投稿者 まちだクリニック | 記事URL

アクセス


〒904-0101
沖縄県中頭郡北谷町
上勢頭556-3
【診療時間】
9:00~12:00
14:00~18:00
【休診日】
水曜午後、土曜午後
日曜、祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら