内視鏡

2015年6月13日 土曜日

胃の中のお米

まちだクリニックの町田宏です。

「お米」は消化がいいのか?とブログで時々書いていますが
胃の中で「お米」がどのようにみえるのか?というと
こんな感じで見えます。

胃内米粒

お米だとわかりますね。

この方は緊急内視鏡を行ったわけではなく
検査を予約して行った方です。

前日の夕食は8時ころまでに済ませ、検査を行ったのが翌日11時です。
15時間以上胃の中に入ったままでもお米だとわかります。
お米は胃の中に15時間以上存在しても消化されない可能性があるというわけです。


胃がもたれる感じがするのは食べ物に原因があるかもしれません。
胃の動き(十二指腸へ送り出す力)が弱いのかもしれません。

鶏が先か、卵が先か悩ましい問題です。

食べ物の内容を炭水化物中心からタンパク質中心の食事に変更してみて
「もたれ感」や「腹部膨満感」「胸やけ」などが改善される可能性はあると思います。


当院では胃カメラ検査で大きな異常はないが、胃に不快な症状のある方に対して
タンパク質中心の食事に変更してさらによく噛んで食べることを意識するよう説明しています。

まちだクリニックは胃カメラ、大腸カメラ検査専門で行っています。
胃カメラは鼻から行うこともできます。
胃カメラ大腸カメラともに鎮静剤を使用することもできます。
(鎮静剤をご希望される方は当日車の運転を行わないようにしてください)

胃・大腸検査をご希望の方はお気軽にご相談ください。
ピロリ菌の検査・治療もご相談ください。

投稿者 まちだクリニック | 記事URL

2015年6月10日 水曜日

当院の方針

まちだクリニックの町田宏です。

当院は胃カメラ、大腸カメラ検査を主に行っているクリニックです。
胃の痛みが続いていて他の病院へ行ったが検査が混んでいるため当院へ紹介していただく患者さんもいらっしゃいます。
できるだけ早めに胃カメラなどの検査を行っているためか胃潰瘍や十二指腸潰瘍を発見することもあります。
胃がんが隠れていないかどうかの組織検査(生検)、ピロリ菌の検査なども合わせて行います。
胃薬の種類によってはピロリ菌がいても薬の影響で「ピロリ菌陰性」という結果が出てしまうことがあるので症状があるときには薬で様子を見てから検査を行うよりも
できるだけ早く検査を行い、異常がないかどうかを確認しておくことが大切だと思います。

来院から早い日数で胃カメラ検査を行っていると胃潰瘍や十二指腸潰瘍なども「治療を始める段階、もしくは未治療」に近い状態を確認できます。
内視鏡検査報告書のコピーをお渡しし、ご家族の方にも見て頂いたり、主治医の先生に情報提供できると考えています。

胃の調子が悪い方、バリウム検査で異常を指摘された方、便に血が混じる方、便秘と下痢を繰り返す方、便潜血陽性を指摘された方で精密検査を受けたことがない(しばらく検査を受けていない)方はお気軽にご相談ください。
車を運転されない方には鎮静剤を使用しての検査も可能です。
口からの胃カメラでは吐き気が強くて大変だという方には鼻からの胃カメラを行っています。
(夜間・休日の対応が困難なためポリープ切除等の処置は行っていません。検査の結果処置が必要と判断した場合には必要な設備の整った施設へ紹介いたします。)

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎
休診のお知らせ
6月23日(火曜日)は都合により休診させていただきます。

投稿者 まちだクリニック | 記事URL

2015年6月 9日 火曜日

ヘリコバクター・ピロリ菌

まちだクリニックの町田宏です。
ヘリコバクター・ピロリ菌という名前は聞いたことがあると思います。
ヘリコバクター・ピロリ菌が胃に感染すると胃がんになる可能性が高くなると言われています。
人間ドック等で調べられた方もいらっしゃると思います。

治療に関してはPPIという胃酸を抑える薬1種類と抗生物質を2種類、合計3種類の薬を
1日2回(朝、夕)7日間飲んでいただきます。

この治療方法で7〜8割の方が除菌に成功すると言われています。
中止や飲み忘れなどがあると治療に失敗してしまう可能性が高くなりますので
きちんと飲んでください。

副作用としては
下痢、軟便、それに伴う腹痛
味覚障害
が主な副作用です。

除菌治療に失敗された場合は薬の種類を変えて2回目、3回目をすることもありますが
3回目以降は(現在のところ)保険適応から外れてしまうようです。
できるだけ1回でケリをつけたところですね。

除菌できたかどうかの判定は尿素呼気テストや便中抗原測定その他ありますが
当院では尿素呼気テストで除菌の判定を行っています。

除菌治療は保険適応なのですが、
「概ね半年以内に胃カメラ検査を受けていること」という決まりがあります。
以前は保険適応のなかった「胃炎」でも除菌治療ができるようになったのですが
人間ドックで胃カメラを受けピロリ菌陽性を指摘されても胃カメラ検査を受けてから半年を過ぎてしまうと保険が認められない可能性があります。
また、内服しているお薬によってもピロリ菌の検査が正確に出ないこともありますので
ヘリコバクター・ピロリ菌に感染していると言われた方で除菌治療を望まれる方は胃カメラ検査後早めに主治医の先生にご相談ください。


まちだクリニックは胃カメラ、大腸カメラ検査専門で行っています。
胃カメラは鼻から行うこともできます。
胃カメラ大腸カメラともに鎮静剤を使用することもできます。
(鎮静剤をご希望される方は当日車の運転を行わないようにしてください)

胃・大腸検査をご希望の方はお気軽にご相談ください。
ピロリ菌の検査・治療もご相談ください。

投稿者 まちだクリニック | 記事URL

2015年6月 5日 金曜日

胃と大腸の同日検査

胃と大腸の同日検査

まちだクリニックの町田宏です。

「胃カメラと大腸カメラは同じ日にできますか?」とお問い合わせいただくことがあります。

胃の検査と大腸の検査を同日に行うことは可能です。
施設によって検査の手順が若干異なるかもしれませんが
当院での同日検査は大腸検査を基準としています。
具体的な流れはこんな感じです。

朝(9時〜9時半)来院
  ↓
大腸検査の説明をうける(ビデオを見ていただく)
  ↓
下剤(モビプレップ)を1時間〜1時間半くらいかけて内服
  ↓
便がきれいになるのを確認
  ↓
検査台に移動
  ↓
希望があれば鎮静剤注射(当日車を運転されない場合のみ)
  ↓
胃カメラ検査(鼻からor口から)
  ↓
体位変換(検査台の上で頭と足の位置を180°変えてもらう)
  ↓
大腸検査
  ↓
検査結果説明(鎮静剤を注射した方は1時間ほど休んでいただいてから説明します)


ポリープなどがあり病理検査をした場合には1週間後に病理検査結果を聞きに来ていただきます。
大腸のポリープなどが見つかった場合には
1〜2mmの小さなポリープは組織検査の際にほぼ無くなってしまいます。
それ以上の大きさのポリープに関してはポリープ切除した後に出血や腹痛が出た場合、夜間や休日の対応ができないので他院を紹介させていただいています。

胃や大腸に不安をお持ちの方はお気軽にご相談ください。
検査時に鎮静剤の使用を希望される方は検査当日ご自分でお車等の運転を行わないようにお願いしています。鎮静剤使用をご希望の方はご家族やタクシーでのご来院をお願いします。

火傷や怪我などの傷に対しては湿潤療法を行っています。
怪我をしたが処置の仕方がよくわからないという方もご相談ください。

投稿者 まちだクリニック | 記事URL

2015年6月 4日 木曜日

内視鏡検査の費用

まちだクリニックの町田宏です。

胃カメラ、大腸カメラ検査を受けてみたいと思う時に費用も気になると思います。
健康保険を使って3割負担の方の概算です。
胃カメラ検査
観察だけを行った場合。
4000円前後
組織検査やピロリ菌の検査を行った場合
8000円〜12000円

大腸カメラ検査
観察だけを行った場合。
6000円前後
組織検査を行った場合
10000〜15000円

この他に初診料(再診料)や薬代(処方があれば)などの費用がかかります。
基本的な費用は健康保険で決まっていますので
どこの施設でも同じことをしていれば費用に大差はないと思います。

全く症状が無いという場合は健康保険適用にならず自費になる場合もあります。
不安をお抱えの場合があると思いますので保険適用になるかどうか問診等で判断させてください。

ポリープを切除した場合は「ポリープ切除」手術の費用がかかります。
(当院では現在夜間・休日等の対応が困難であるため、ポリープ切除が必要な方には夜間・休日対応可能な施設へ紹介しています)

まちだクリニックでは消化器専門医の立場から糖質制限食(MEC食)を推奨しています。
当クリニックは胃カメラ、大腸カメラ検査専門クリニックです。
経鼻内視鏡も行っています。
検査をご希望の方はお気軽にご相談ください。

投稿者 まちだクリニック | 記事URL

アクセス


〒904-0101
沖縄県中頭郡北谷町
上勢頭556-3
【診療時間】
9:00~12:00
14:00~18:00
【休診日】
水曜午後、土曜午後
日曜、祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら